30歳、はじめてのプログラミング。

30歳、はじめてのプログラミング。

プログラミング知識0から勉強中☺ごはん/ファッション/女子アイドル/本☺

生理痛に苦しむ女子へ、低容量ピルのすすめ

今から5年ほど前、2年間ほど低容量ピルを飲んでいました。これが非常に快適でQOLが上がったので、生理痛で苦しんでいる女性におすすめしたいです。実際に飲んでみて感じたメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  •  生理痛がなくなる

私が高校生のころは生理痛がひどく、生理になるたびに保健室のベッドでのたうち回っていました。痛みがひどくじっと横になってしていられないのです。面倒を見てくれた保健の先生は若いころ「生理痛のあまりの痛さに嘔吐したことがある」と言っていたので、もっとひどい人もいるんだと思いますが…。毎月生理が来るのが本当に苦痛でした。ピルを飲み始めてからは、生理痛の激痛は完全になくなり、下半身のダルさも消え、生理は「ただ出血がある日」になりました。高校生の頃にピルを知っていたら、あんなに辛い思いをしなくてすんだのになぁと思います。寝込むほど生理痛がひどいならば、婦人科へ行きピルを処方してもらいましょう!

  •  生理が来る日が正確にわかる

一般的には、生理が来る日にちはだいたいでしか分かりません。体調により予定がずれることもあります。ピルを飲んでいれば○日に来る、というのがピンポイントで分かります。生理の日が正確に分かると、旅行やプール、テストの日などと重ならないか確認できますし、事前に準備ができるのでとても助かります。

  • 思いがけない妊娠の不安がない

望まぬ妊娠の可能性がほぼ100%ないという安心感があります。

  • 肌がきれいになる

ピルの効能の一つとしてよく取り上げられます。ホルモンの関係なのでしょうか。私はさほど美肌になった記憶がありません。笑

デメリット

  • 飲み始めに副反応が起こる場合がある

私はピルを飲み始める前から、長いあいだ偏頭痛に悩まされてきました。それが関係しているのか、ピルを飲み始めてから症状が悪化して、毎日頭がしめつけられるような、強めの頭痛に悩まされました。が、1ヶ月ほどで副反応はおさまりました。婦人科の先生にも、飲み始めにはこういった症状が起きる可能性があることは説明を受けていました。

  •  婦人科に通うのが面倒

婦人科に通うことに抵抗があったり、面倒くさいと思う気持ちはありますが、ピルに関係なくかかりつけの婦人科をもったり、定期的に通うことはとても大事です。かかりつけの婦人科があれば、妊娠したときや病気になったときに慌てないですみますしね。ちなみに、ピルを何か月分くれるかは病院によって異なるようなので、頻繁に通えないようであれば、多めに処方してくれる病院を探した方がいいです。

  • お金がかかる

生理痛があれば、保険診療(3割負担)でピルを出してもらえます。自由診療であれば、病院によって金額が異なるようなので、なるべく安い病院を探しましょう。

  •  薬を飲むのが面倒

毎日同じ時間にピルを飲むのは確かに面倒です。食事時にお茶と一緒に飲むとか、歯磨きの前に飲むなど、ついで飲みを習慣にしてしまえばさほど手間は気にならなくなってきます。うっかり忘れても、2日分ならまとめて飲んでOKです。(お医者さんに確認の上、飲んでください。)

まとめ

ピルにはデメリットはありますが、それを上回るメリットがたくさんあります。特に生理痛がひどい女性には今すぐ飲んでほしい!と思います。ピルはネット通販もありますが、婦人科で処方してもらったほうがいいと思います。血液検査や問診等、体調の変化を診察してもらう必要があるからです。自己判断で飲み続けるのは危険なのでやめましょう。

女のカラダ、悩みの9割は眉唾 (講談社+α新書)

女のカラダ、悩みの9割は眉唾 (講談社+α新書)

 

参考になった記事:上司に「生理」を相談しても消えなかった"痛み"を、宋美玄先生に話してみた