30歳、はじめてのプログラミング。

30歳、はじめてのプログラミング。

プログラミング知識0から勉強中☺ごはん/ファッション/女子アイドル/本☺

音声入力を始めてブログの作成する時間が短くなりました

けんすうさんや勝間和代さんが「3倍くらいのスピードで入力できるよ!」とお勧めしていた音声入力を、私も試してみました。

けんすう on Twitter: "せっかくなので、シューンと書きました。 https://t.co/MIhqXbRW8U"

音声入力による生産性の向上は、ざっくり「3倍」くらいのイメージ - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

アプリはiPhone標準のメモアプリ。びっくりするぐらい誤変換が少なくサクサク入力ができます。一昔前の、Siriに話しかけてもトンチンカンなフレーズになってしまう印象が残っていて、「どうせ後で手直しするくらいなら、最初から手入力した方がむしろ早いのでは?」と思っていましたが、ぜんぜん正確に入力できました。

音声入力に慣れるとスマホのスワイプ入力も、PCのキーボード入力さえモタモタしている感じがします。脳の中が文章がそのままメモ帳にすらすら出てくるのか近未来的で、ブログ記事を作成していてワクワクします。本記事含め4記事を音声入力で作っていますが、誤変換の訂正や書き直しを含めて手で打つより断然早いです。ブログの作成時間もぐっと短くなって記事がどんどん書けそうです。もっと早く試してみればよかった…!

一つ前の記事の音声入力の結果(メモ帳)がこちら。誤変換は1つのみ。私の言い間違いの誤入力が1つ。想像以上にきちんとした入力結果ではないでしょうか。

f:id:suikasu1:20180127184834j:image

音声入力のデメリットもあります。まず、!や?など、記号が半角になってしまうこと。次に、人前で独り言を言うのはハードルが高いので、人気のないところでしか書けないこと。言い間違いが削除できないこと。最後に、頭で考えながら、同時進行で口頭で喋るのは慣れないと難しいこと。考えるスピードに、音声入力のスピードに追いついていないのでぎこちない感じはありますが、ここは慣れかなと思います。

ブログをたくさんアップしたいなーという人にはオススメです!