30歳、はじめてのプログラミング。

30歳、はじめてのプログラミング。

プログラミング知識0から勉強中☺ごはん/ファッション/女子アイドル/本☺

Rubyも分からずにRuby on Railsに挑戦するのは無謀です。

Twitterと連携できるWebサービスを作ってみたいと思って、いろいろと調べてみました。そうするとみんな「Ruby on Rails」というプログラミング言語を使っているらしいと判明しました。

実アプリケーションの開発を他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう考慮し設計されている。Wikipediaより)

Rubyという言語自体が書きやすく、プログラムの処理を覚えることに適しています。また、RubyRuby on Rails)は日本語で使い方を解説している記事が比較的多く、メジャーな機能は調べながらすぐに作れてしまいます。侍エンジニア塾より)

Railsって便利!しかも初心者向けだよ!」って記事がヒットして、めちゃめちゃいいじゃん…!これ勉強してみよって思ってました。でも、下のブログを読んでみると…

今すぐ辞めて欲しい、「Ruby on Rails勉強してます」「CakePHP勉強してます」 – sumyapp

「一般的な機能を持つ共通コード」を自身で書ける人が、それを再利用可能なものにするために、枠組みとして提供するソフトウェアがFrameworkである。

ふむふむ。

正直、「背伸びのしすぎ」としか言い様がない。(略)GETとPOSTの違いもわからない人が、ルーティングやらフォームの自動生成やら使えるわけがない。自動化は「既にルーチン化できるようになったもの」に対して行うべきだ。未知のものを自動化するのは狂気だ。 

えっ、そうなの!?なんか聞いてた話と全然違う!

というわけで、Twitterでフォロワーさんに聞いてみた。(私よりプログラミングに詳しい先生が多いので。。)

質問:

回答:

 よし…Rubyからやろ(素直)